「神さまとのおしゃべり」を読んで その2

翌日に途中まで書いて止まっていたので遅れてアップです。。。

 

「神さまとのおしゃべり」を読んで思ったこと書いていきまあす。

まず表紙に「あなたの常識は、誰かの非常識」って書いてあってこれは最近そう思うことが何回かあったので納得の一言でまずここから考え始めてしまいます。

自分がされて嬉しいことをしなさい、とか自分がされて嫌なことを人にしてはいけませんと言われて育ったけれど必ずしも全ての人が同じように感じるということはないということはどこかで薄々気がついていた。極端な例で言えばある宗教を信じている人からすると当然のことが他の宗教を信じている人や無宗教の人には全くそうではないということ。ここからしてふむふむこれから読んでいくのが楽しみだなあ、このことをこの本はどう説明するのだろうと期待大。

しかも表紙カバーの折ってある裏側には「不安よ、来い!」なんて書いてある。わくわく。

最初は漫画。わかりやすく導入するために漫画で始めること多いなあ、最近と思いつつ読んでいくと「ブッダ、キリスト、クリシュナ」とでてきた。主人公と同様に私もクリシュナがわからない。ゆっくり読みながら、調べながらブログにメモっていこうと思っているので早速調べるとウィキ先生によるとクリシュナはヒンズー教で最も人気のある神さまだそうで。ん?じゃあ、ガネーシャのお父さん?と思ったらガネーシャのお父さんはシヴァ神でしたあ。

折角なのでヒンズー教の神様も少しお勉強しようと思い調べてみました。

まずはヒンズー教の3大神様

・シヴァ(Shiva):破壊の神さま
・ビシュヌ(Vishnu):維持の神さま
ブラフマー(Brahma):創造の神さま

で、ビシュヌ神には10のアバターがいて、そのうちの一つがクリシュナだそうです。ふうん。で、さっきも書きましたが象の頭のガネーシャシヴァ神パールヴァティ神の間の子供。ガネーシャのお母さんのパールヴァティは表の顔と裏の顔があって、表の顔は勝利の女神ドゥルガーで裏の顔は殺戮の女神カーリー。舌だしている神様をたまに見るけどあれがカーリーだそう。

全然神さまとのおしゃべりにたどりつかないけど今日は以上でええす。

 

「神さまとのおしゃべり」を読んで その1

久しぶりにアップします。その間にも前の前くらいの本のモーニングページは相変わらず毎朝続けていて90日がワンクールでもう3クール目に入ってまあす。これは完全に習慣になりました。その間、朝いちで書けなかったのは1日だけ。旅行中で戻りの新幹線の中で書いた以外は1日も欠かさず毎朝書いてまあす。

今日久しぶりにアップしようと思ったのは昨日さとうみつろうさんの「神さまとのおしゃべり」を読み終わってまとめようと思ったんですが、折角だからブログに書けばいいんじゃないと思ったという。。。書きながらまとめて考えるのでとりとめもないことになるかもしれませんが。しかもこの本が500ページ超あるので今日1日では終わらないなということでその1としてみました。

まずは本当はこの本を読もうと思ったのではなく同じ作者の「0 rei」を読もうと思い、その前にこの著者の最初に書いた本を読んでおいた方が理解の助けになるのではとこちらも両方BOOKOFFにあったので購入した次第です。アマゾンのコメントでは言葉遣いが荒い、口が悪すぎるなどのコメントもありましがぱらぱら見たら分厚くはありますが会話形式で展開し、読みやすそうだったので。

結論。よかった。まあ、このブログで復習しようというんだからよかったというのはわかりますよねえ。面白かったし、色々考えさせられました。ということで「神さまとのおしゃべり」を読んで思ったこと書いていきまあす。

ということで中身は明日から!

 

それは逃げか

それは逃げか と自分自身に聞いて、その答えが逃げだとしたら私はそれに向かっていくことにしている。いつの頃からそうしていたたのかはわからない。私には事前に決めているいくつかのルールがあって、それに照らし合わせて物事を判断する。だからか迷うことはあまりなくて、迷った時にはそれは逃げかと改めて自分に問いかける。面白いものでそれは逃げかどうかって自分は既にわかっていて、問われるとすぐに答えられる。まあ、大体において逃げで、だから迷ってるんだけど。問うた結果が逃げとでたら、もう仕方ない、腹をくくってやるしかないわけで。

 

そんなことを久しぶりに思いだすことができて嬉しい。

ずっとやりたかったことをやりなさい

今年も後半。今日7月1日から、ずっとやりたかったことをやりなさいの12週間のプログラムに挑戦。このタイミングでこういうチャレンジができるものに巡り合ってとても嬉しい。頑張るぞお!

 

f:id:PenpenGG:20200702000035j:image

生音に飢えていたようで

週末は自粛後初のコンサート@白寿ホール。

最初の一音を聴いた瞬間に心が震え、流れる音楽に自分の細胞ひとつひとつが喜んで細かく振動しているのがわかった。数年に一度くらいコンサートホールで涙することがあるけれどこの日は何年分泣いただろう。生の音楽によっぽど飢えていたらしい。この機会をいただけたことの幸せ。

 

6/12(金)15時開演/19時開演 (各回約60分公演/休憩なし)
Hakuju New Style Live
〜心が喜ぶ演結び 新しい出会いの形へ〜
小林美恵&上田晴子

出演:小林美恵(ヴァイオリン)、上田晴子(ピアノ)

【プログラム】
◆15時公演
シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 D.574
J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV 1004 より 第5曲 シャコンヌ
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 op.78「雨の歌」

◆19時公演
J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト短調 BWV 1001
ベートーヴェン:ロマンス 第2番 ヘ長調 op.50
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

小確幸

この言葉を今日知った。今日読んだ何かに書いてあったのにその何かを忘れて、でも元々村上春樹の造語とあったのでそれで検索して出典も発見。

 

小確幸

小さいけれども確かな幸福

 

これって よろこびの遊びと同じだなと思って嬉しくなった。

 

うずまき猫のみつけかた
出版社:新潮文庫
単行本発売日:1996/05
文庫本:255ページ
P.126
生活の中に個人的な「小確幸」(小さいけれども、確かな幸福)を見出すためには、多かれ少なかれ自己規制みたいなものが必要とされる。たとえば我慢して激しく運動した後に飲むきりきり冷えたビールみたいなもので、「うーん、そうだ、これだ」と一人で目を閉じて思わずつぶやいてしまうような感興、それがなんといっても「小確幸」の醍醐味である。そしてそういった「小確幸」のない人生なんて、かすかすの砂漠のようなものにすぎないと僕は思うのだけれど。